2018年02月05日

12年ぶりの…

20180204a.jpg
写真は1月後半のある朝、花見川。
川面に立ち込める霧…。

この川を渡るようになって、あとひと月ほどで1年になるが
たぶん初めての光景。まぁ理屈からいえば、この朝の気温が川の水温を
下回ったため…、だろうと想像はつく。だから(写真には写ってないけど)
水鳥たちは平気な顔して水面に浮いていられる?…。

この現象、川では川霧(かわぎり)海では海霧(うみぎり・かいむ)、
気象用語では蒸気霧(じょうきぎり)と言うのだそう。 ん?… 

なんていうか、も少し情緒のある日本語があっても良さそうなものだけど?… 
と思い更にググると「けあらし」という言葉が出てきた。ほらやっぱり。

どんな漢字なのか気になったのだけど、
MacのIM(日本語入力)では変換してくれなかったので、更に探すと……
20180204b.jpg
「気嵐」と書くのだそう。どういう意味だ?… 

漢字の構成を考えれば、嵐の前兆・前ぶれ…とかって感じ? 
ネットで北海道留萌地方の方言という説明を見つけたが、そうなると
アイヌ語の当て字かしらん?… ちなみに留萌(るもい)という地名は
アイヌ語の「ルルモッペ(:潮の静かに入る川)」から来ているのだそう。
うむ、寒い北海道、川面に立ち込める霧…。イメージし易い。

ま… 妄想はこのくらいにしておいて… 
とにかく、冷え込んだ朝に見られる現象のようで…。

この数日後の月曜、この辺りも、あの大雪に見舞われる。



さて、日は変わって2月3日、あと30分ほどで0時になろうかって頃。
20180204c.jpg
(コンデジのオートで。ちゃんと夜景モードで撮れば良かったか?…)

土曜の夜中、残業ってワケでも飲み歩いてたってワケでもない。
自宅からクルマ飛ばして(…いや安全運転で)、事務所の駐車場についた。
年男の(僕)には、やる事があった。

チーフからのメール通り、準備とメモが(僕)の机に。
20180204f.jpg
一陽来復の御守。

説明書を読むと、冬至・大晦日・節分のどれかの日の
夜中12時に、その年の恵方に向けてこの御守を貼る、とあり、
立原はこれを毎年の節分の行事として長年続けている。
節分の豆撒きも兼ねているので、その年の年男がやることになっている。
…とはいえ、スタッフが多かったときから、毎年年男が居たワケでもないので
居ない年は一番下の仕事になる。
なので若い頃は干支に関係なく(僕)も何度かやったが、あの頃は師匠をはじめ、
みんなして夜遅くまで飲んだりしてたので、12時の用事を済ませる、なんてのは
なんて事ないものだったっけ。帰る前に事務所寄る…なんならそのあとまだ2時間
飲める♪…みたいな。

ま、ちゃんと年男の年にやるのは、これで3度目…。

20180204e.jpg
時計を見る。12時までに豆撒きを済ませておこう。

「鬼は外!」はホントは大声でやらなきゃいけない。
…が、しかしこの時間だ。近所迷惑にならないように(笑)鬼を追い払う。
もっとも豆撒きは、平日なら例年通り夕方とか誰かいる時間帯に済ませるのだけど。

20180204i.jpg
去年は南西方向あたり… これはあとで剥がすとして…。

iPhoneの頃は、アプリに「コンパス」があったのだが、今使ってるスマホは
ジャイロセンサー自体が付いてないので(…って、別にさほど不便でもないけど)
方位磁石を部屋の中心に置き、貼る位置を確かめる。

今年は巳午(南南東)の方へ御守を向けて貼るので、貼る位置は
部屋の中心を軸に、その反対側の北北西の壁になる。

20180204h.jpg
というワケで今年は、キッチンの左側の壁がそれにあたる。
建物が古いので仕方ないが、あまりキレイじゃない…ので御守の周囲が入らないよう
撮ったら、ほぼどこなのか分からない絵になってしまった…(汗)。
(しかも左右をちょっと白く飛ばしている…)
ま、去年の位置のちょうど真向かい辺りかな。

落ちないようにヤマト糊を多めに盛って貼り付けたからな、大丈夫だろう。
時間は…よし。任務完了。。。

事務所を出、駐車場へ向かう。
土曜の夜とは思えないほど、通りに人が居ない。
さっきの昔話ではないが、夜中12時回った程度の通りはまだまだ活気があった。
もっとも、今となっては飲み屋さん自体なくなってしまって、事務所の前も
シャッター通りと化して長い。そう思うとやはり少々寂しい。
行きつけだったスナックが昼カラになってたり、あるいはビルごと廃ビルになってたり…。
そりゃそうか。騒がしかった頃は、もう20〜25年も前の話だもんな。。。

成長できなくても年は取るか(笑)。
最近 なんかもう、抗う気持ち消えたかなぁ… なんて。

                      …(僕)
posted by 管理人(僕) at 00:28| Comment(0) | 管理人(僕)

2018年01月08日

こいつァ 春から、

…少々遅くなりましたが…(汗)

明けまして おめでとうございます♪
20180108a.jpg

年末の不摂生から、当然のように“寝正月”を迎えてしまい、
なんだかなぁ…という年明けの(僕)です。。。

今日、8日は成人の日で祝日ですが、祝祭日に関係のない
当事務所においては、(僕)が事務所入ったときには
もうボンちゃんが席についていて、なんら変わりのない日常のスタート。

とりあえず、自分の机のMacを起動。
音量を下げて(切って)るので、あのジャ〜ン!…という
起動音はしない。

起動中、あのイヤなカーネルパニックが…(汗)。
20180108b.jpg
…てか、ここ数ヶ月で、起動するたび、お目にかかる頻度が
増えてきてる気がする。。。
一昔前は致命的な症状だったが、最近のカーネルバニックは
比較的軽症な例も多い。
(僕)のMacの場合も原因はだいたいつかめている。
安いメモリを使ってるので、相性が悪いのだろう。
…なので、勝手に再起動になって、ちゃんと立ち上がったり(笑)。
立ち上がらなかったら、かなり焦るけど。。。
買い換えなきゃといつも思うが、立ち上がってしまえば
これといって問題は無い。

正常に立ち上がったMac。
…と、その手前のトレース台の上に、何か置いてある。
20180108c.jpg
…ん?

20180108d.jpg
おみくじ?…

先生がね、みんなにって。
ボンちゃんがその出どころを教えてくれた。
身内やスタッフに配ったらしい。
(久伊豆神社のやつかな?…推測だけど)

…しかし、正直なところ(僕)個人的には
占いだのおみくじだのってのは、思い返すと良かったためしがない(笑)。
だからって、劇的に不運だったということもないと思うが、なんというか
やったぁ!ラッキーだぜ!!的なこともこの数年記憶がない。
だいたい運勢だのなんだのを気にして生きていない。

封を切るまでに少々時間が必要だった。
とりあえず、コンビニで買ったパンを野菜ジュースで流し込んで
一息ついた。…尚もそのおみくじを睨みつけてみる。
マズい。ここで時間がかかりすぎると、ダメだった時のショックが大きくなる。

なんの期待も持たずに、フラットな気持ちで、ペリッと裏の糊を剥がす。

あれ?
20180108e.jpg
これって… ま・さ・か!?…

20180108f.jpg
だ…大吉!
こいつァ 春から、縁起がいいわぇ …って?

ふむ…なになに?・・・

良い人に出会い影響を受けることでさらに運開ける。
心優しく周りを気遣えば、また自分に還ってくるものあり。
万事好調なり。


◯願望→叶う(マジか!?)
◯失物→出てくる(失くしたもの?… それは〇〇も?…)
◯争事→利益あり(そうなのか。争いごとは嫌いだけど…)
◯商売→二兎追うなかれ(は〜い!)
◯恋愛→発展する(ま… 相手がいれば…って話だけど)
◯待人→来る(マ…マジで?)
◯病気→重くても全快(これもすごいな!)
他、etc…

…しまった! 単純に喜んどるではないか! 
期待せず、フラットな気持ちはどこ行った?…(汗)

ま、良い年になるとイイなぁ…とは思います♪

…もっとも、自分でおみくじ引いたら大吉なんて出なかっただろうナ。。。

                     …(僕)
posted by 管理人(僕) at 22:35| Comment(0) | 管理人(僕)

2017年12月31日

おおみそか。

大晦日。
例年通りなら、毎年この日は夕方から師匠のお家で
紅白観ながらみんなで年越しをさせていただくのだけど、
今年は独り、このようにブログの更新などを。。。

今日になって、なんとかベッドからでて、こうしているが
この数日、めっきり体調を崩していた。
昨日などは、みいちゃんの忘年会だったのだけど
どうにも熱が下がらなかったので、遠慮させていただく始末…。

まして師匠のお家には息子さん一家も来てるはずだから、症状が
軽くなったとはいえ、子供達に風邪うつしてしまったら申し訳が…。
ボンちゃんに電話でそんな話をしてたら、電話の向こうで師匠が
「インフルエンザじゃないよな?」と。
インフルエンザ…じゃないですよ(汗)ホント、ただの風邪。。。
(インフルエンザなんてなったことないし…)市販の風邪薬で
効いてきてるし。。

水曜くらいから、悪くなってたのかな?…
朝、事務所入って「おはようっす」。この日最初の発声だったのだけど
その声に、自分でもびっくりした(笑)。
確かに朝起きて、乾燥してる感じで喉がガラガラしてるなとは思って
たのだけど、あそこまで枯れてるとは思ってなかった。
ボンちゃん「何?大丈夫か?」
チーフ「帰った方がいいんじゃない?」
と、それぞれ挨拶に反応はしてくれた(笑)。
水曜は師匠と飲むことが多いので、歩いて来たのだけど
道中、大掃除の時に買って余ったマスクを着けてたので
喉はある程度乾燥から保護できてると思ってたし、そもそも
マスクなど鬱陶しくて嫌いなのだけど。。。

体調よくなけりゃ、酒など飲むどころではないのだけど、できれば
師匠にはあまり知られたくはない。
夕方、師匠が出たあと、呼び出しの電話が。
その間際までガラガラの声で話していた(僕)は内心マズイなと
思いながらも受話器を取った。師匠だと分かっていても
「はい、立原プロです!」と一声。
…ところが、その一声のクリアだったこと(笑)。
自分でも拍子抜けしてしまった。。。
「おう、どうすんだ、飲むのか?」と聞かれ、断るわけにはいかないので
「すぐ行きます」と。

まぁ、微熱が続いてる感じだったので、アルコール入ってちょっと
体がぽ〜っとしてるのと大した違いはない。酒は百薬の長というし、
適度に飲めば結果イイかもしれないし。。。

その日のお店は、近所なのだけど、先代の親父さんが亡くなってから
師匠もしばらく来てなかったらしい、昔の行きつけだった飲み屋さん。

早い時間(5時くらいだったかな?)、現在のマスターがひとり、
8時予約の座敷席の団体客の用意をしていた。

師匠と二人、カウンター。
話す言葉も多くはないけど、こんなのもたまにはうれしい。
師匠もマスターと先代の話が出来て嬉しそうだった。
…もっとも、初対面だったので向こうは立原を知らないだろうと
思っていたのだけど、「先生のお話はよく聞いてました」とマスター。

ここで軽く飲んだら、紫陽花に行こうかとも話をしていたが
師匠もいいお酒だったのか、満足したようでちょっと早いけど
この店だけで帰ることに。…時間は、19時前くらい。
ボンちゃんにクルマで来てもらい師匠の家まで。

(僕)も駅前で降ろしてもらって歩いて帰宅。
この時、けっこう寒かったように思うが、しっかり酔っていたので
フラフラのんびり… これがいけなかったか?(汗)

翌日、すでに体感で微熱を超えていることは自覚できていた。
体温計を脇に挟む。しっかり体温を測るには、ピピピッと鳴ったあと
さらに5分以上検温を続けるといいのだそう。
38.3℃… 久々の熱だな。。。
かといって、ボ〜ッとする程度で起き上がれないワケではない。
木曜は(有馬のあとの)最後の競馬に行くとかって。
(僕)は留守番で仕事をチョイスしたのだけど、留守番で正解。
この日は(僕)が夕方に師匠をクルマで迎えに行く番。
車の中での会話中、急に(僕)の声がガラガラになってしまったので
悟られぬよう、相槌の回数を増やしたりして(汗)。。。

…で、金曜を終えたあたりでちょっとヤバいかと思ってはいた。
久しぶりに食欲が低下した(笑)。薬飲まなきゃと思って何か口にするも
途中で、あ…もう食えん…と、なってしまう。食事を途中で終わらせる
なんて、未だかつてあっただろうか?… ちょっとびっくり。。。

そんなワケで、せっかくのみいちゃんの忘年会も、師匠のお家での
年越しも遠慮して…やっと今、だいぶ楽になって来た。。。
若干の微熱は感じるが、これはもうフェイドアウトしていくだろう。
なんか、やっとお腹も空いてきたし♪

来年は身体もちゃんと見直さなければ。
体力あっての気力だと思うし。

それでは
皆さんもどうぞご自愛を。。。

…そして良いお年を。

                  …(僕)
posted by 管理人(僕) at 17:56| Comment(0) | 管理人(僕)