2017年09月17日

地味だが…

9月に入ってすぐ、急に涼しくなったと思ったのも束の間、
ぶり返したような残暑がしばらく続いて、この2〜3日やっと
秋を感じられるようになった?…(台風の影響で今日は雨だけど…)。

だいぶ見慣れた景色になった花見川。
春頃は満開のサクラと菜の花の華やかなコントラストがキレイだったけど
20170917a.jpg
今は(近所の小学生が植えたらしい)秋桜が、雲の多い空に
めげず鮮やかに咲いている(写真は一昨日の朝)。
20170917b.jpg
キバナコスモスという種類だそうな。可憐ですな。

この時期は蝉の声から秋の虫たちの音色に変わる頃だけど、秋の虫は
鳴く虫(泣き虫ではない)の他にもいろいろいるようだ。
コスモスを撮ったこの日の花見川は(写真には映らなかったけど)
トンボが一斉に羽化したのか、目の前を(ジャマなくらい)飛び交っていた。
…これがハチだったらと思うと、例えようのない恐怖。。。
そういえば子供の頃、多摩川の土手でバッタの大群に遭遇したことが
あったっけ。あれもちょいと怖かったなぁ…。

花見川をあとにして、八千代台駅の方に歩くのだけど
途中も団地のわきの道あたりで(僕)の前をヒラヒラと1匹のチョウが。
…何故かしばらく(僕)の歩く方向と同じ方にヒラヒラ…。
避ければイイのに、と思ってると股のあたりに止まった。
逃がしてやろうと、そっと手で包んでやる。 …? 疲れたのか? 
人の指の上で一息ついてる感じだったのでパチリ。
20170917c.jpg
たぶん2〜30秒ゆっくりしたあとで、チョウは飛んでいった。

…え? ガじゃないですよ(汗)地味だからって。
顔がチョウでしょ?… 分かんないって? ですよねー。
ま、(僕)の中ではチョウだと確信があったので、あとで
ボンちゃんに写真見せたら「ああ、ジャノメチョウの仲間だね」と。

この羽の模様、ジャノメ(蛇の目)がその名前の由来だそうで
この模様はランダムな個体差ではなく、種類によって決まってるらしい。
今回、撮ったのは「ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)」というのだそう。

う〜ん… 地味だが、なんか可愛く見えてきた(笑)。

蛇足だが(目の次は足?)チョウとガの明確な違いというのは
実はハッキリしないらしい。日本において一般的なチョウとガの違いを
比べることは出来るが、例外が多いらしく境界線は曖昧らしい。
もっとも、同じ仲間なのを人間が見た目で決めつけてるだけなのだから
チョウにしてみれば(いや、とくにガには)迷惑な話なのかも。

昆虫に限らず「トンビがタカを産む」なんて、優劣を付けられて
しまっているトンビとタカだけど、基本的には大きさの違いしか
ないらしい。
タカ目タカ科という分類になるそうで、大きい方から
ワシ→タカ→トンビ→ハヤブサ…と並ぶらしい。なるへそ。

ま、だいたい人間が地球上に1種類しかいない方が変かもしれない。
人種なんて言葉が当たり前に使われてるから変に聞こえるが、
知っての通り人類はホモ・サピエンス1種のみしか存在しない。
肌の色や顔の作りや体格が少々違っても、遺伝子レベルではみな同じ。
(そういった意味では日本人は多少ガラパゴス化が進んでる?…)

…と、密かに世界平和を願って(?)歩いてたら足元に秋色の絨毯が。。。
20170917d.jpg

個人的にはすごく好きな色合い。
…あ、だからさっきのチョウも可愛く見えた?…

20170917e.jpg
事務所の裏の公園。
満開のサクラもイイけど、この落ち葉の絨毯も十分観賞に値する…
って思いません?…

『落ち葉の絨毯』をデスクトップの背景(いわゆる壁紙)にしよっ…と思って
Photoshopで色合いとかちょっと加工してみた♪
20170917f.jpg                   
この秋はこれでいきます。。。

                     …(僕)
posted by 管理人(僕) at 23:15| Comment(0) | 管理人(僕)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: