2017年07月16日

節電の一環。

…初めに言っておきますが、今回はかなりMacな話になっておりますので
ご興味のない方には、サッパリ…?? な内容になってるかもしれません…
あしからず。。。


20170716a.jpg

北海道で観測史上初の37度越えの猛暑日だとニュースでやっていた。
うだるような暑さの千葉でさえ、31度だった(ようだ)というのに。
(スマホのアプリでは体感温度38度って出てたけど。)

(僕)は長年の机仕事から、エアコンの冷気が苦手になっていた。
少々暑くても、風通しがよければしのげる…と。

しかしながら、この春に引っ越した部屋は壁が薄いのか(笑)
1階だからなのか?… 風を通しても熱風が。。。
う〜ん…。 見上げた先にあるのは、居間に備え付けのエアコン。
いや、付いてて良かった。備えあれば憂いなし、である。
20170716b.jpg

ただまぁ、冷気はやはりあまり好きじゃ無いので、除湿で28度の節電モード。
寝室や仕事部屋には無いので、扇風機&サーキュレータで冷気を流す。
このくらいクッションがあった方が、体に優しい(どんだけ嫌いなのか)。

しかし、ただでさえ暑い部屋の中を、さらにヒートアップさせるモノがある。
ま… (僕)的には、これ無くしては… なのだけど(笑)。

20170716c.jpg

2010(mid)モデルのMac Proである。
古いって?…んなことないですよ(汗)。使って実質6年弱?…って程度だし。
そりゃぁ同時期(&それ以降)のiMacにガンガンとスペックを追い抜かれた感もある。
確かにiMacは完成度が高く、ユーザーがいじるところがない。
現行モデルに至っては(21.5インチのみだが)メモリの増設すらできない。

そこいくと、このMac Proは内部いじり放題♪〜 なマシンなのである。
Proと名のつく理由はその拡張性と言っても過言ではない。
…で、この2010年モデル、元々は8コアだったCPU(Xeon)を12コアに、
グラフィックボードも標準の1GBのものから3GBのものに換装、
標準では付いてなかったUSB3.0もインターフェースカードの増設で対応。
オマケにeSATAカードも追加(古くからある規格だが、USB3.0よりちょっと速い)。
これでThunderboltがあれば文句なしってところだけど、残念ながら非対応。
ま、近いスピードのUSB3.1ならカードの増設できるみたいだし、そのうち…?(笑)。
で、(ここが肝心)起動ディスクは内臓のHDDから、PCI-Exに挿したM2スロット
タイプのSSDへ変更。これが爆速。起動時間もMacBook Airと遜色ない。ウフ♡

新しい黒い筒型のMac Proは、(僕)の旧モデルと比べて待機中の消費電力が
43Wと非常に少ない(ちなみに2010/8コアのモデルは162W。Apple公表値)。
しかも増設カード類のない、スタンダードな状態での値だということだ。
そうだったのか、それはちょっと考えねば…(電気代のこともあるし)。
(もっとも、黒い筒の方の拡張性は…といえばケーブルで外部にガンガン繋げていく
ってタイプなので、使う環境によっては、そっちの方がよっぽど電気食うかも?)

そういえば、ずっと本体のスリープ機能をオフにしていた。理由は忘れたが
確かスリープ復帰時にHDDへの影響がどうのとか… 違ったかな?
いずれにしろ古い話だ。だいたい今の起動はSSDだ。物理的故障も少ないはず。
何より、コンピュータのスリープは思ってる以上に節電効果があるらしい。

「システム環境設定」から「省エネルギー」へ。
その中の「コンピュータのスリープ」を「しない」から「10分」へ変更。
こうしておけば、電源入れた状態で10分触らなければ自動でスリープに入る。

つけっぱなしにしているMac。スリープ導入でどのくらい変化があるのか?…
ま、夏を乗り越えてみないとわからないけど。
…なんて思ってたら別の問題が起きた。
スリープ導入前もモニタだけは15分くらいでスリープさせていたので、使うときに
キーボードのどれかを押すとかマウスを動かすとMacが目を覚ます… のは同じ
なのでなんら変化もないのだけど、それまで見なかった警告を目にするようになった。
「ディスクの不正な取り出し」である。

20170716d.jpg
これは、外付けHDDなんかのケーブルをいきなり引っこ抜くと出る警告だ。
もちろん、そんなことはしていない。「起きて」とつついただけ。
がしかし、確かに外付けの2台のHDDがアンマウントの状態(アイコン消えてる)
から、マウントされる(アイコン出てくる)ような症状に見舞われた。
気にしないようにしてみたが、あまりにも毎回のことなので、ググってみた。

やはり、同じような症状について色々と書き込みを読むことができた。
スリープをしてなかった(僕)などは気付くのが遅かったくらいで、2つほど前の
OSバージョンアップからの「バグ」ではないか?…という話になっていた。
機種によっても違いがあるようで、確かに同じバージョンのOS(Sierra)なのに
MacBook Airの方は何の問題もない(ちなみにこっちは2013年モデル)。

色々探していたら、ちょっと面倒だが「スリープする前に手動でHDDを
(右クリックで)取り外せばいい」とあった(USBメモリやSDカードを抜く時と同じ)。
やってみたら確かに警告はなかった。
しかし、この動作をクセ付けるのは少々面倒だなぁ。。。
しばらく色々読み漁ってて、ひとつ気付いた。
どうやら、みんな「USB接続のHDD」という環境での話のようだ。

再び、備えあれば憂いなし、である。
ここはひとつ…と思い、eSATAからの接続を試してみた。

Mac Proの背面。この赤丸部分が増設したeSATAのポート。
20170716e.jpg
以前はバックアップ用にHDDを繋げていたが、引越しを機にちょっと
Mac周りを整理して、この3ヶ月くらい使わないでいたのだった。

20170716f.jpg
eSATAケーブルのコネクタ。USBとはちょっと違うでしょ。

…で、別用途にと思っていたeSATAのHDDケースでテストしてみたところ……
スリープからすんなり復帰し、何の警告も出ない。
ディスクのアイコンもマウントされたままの状態で復帰している。
おお、これでいいじゃないか。

…現状、せっかく増設したUSB3.0のカードはHDD用には使いづらくなったが
まぁ、用途がないワケでもないし(それこそ、3.1に挿し替えるとか?)。
ムダにハイスペックな(僕)のMac Proはこの先も頑張ってもらわねば。。。
でも、さすがにコイツが逝ってしまったら…次はやっぱりiMacかなぁ。
年末には「iMac Pro」も登場するらしいし。
(…てか、Appleには自社製のモニターも再度出してもらいたいが)

(僕)のiPhoneは、すでにSIMフリー(格安)スマホへと替わり、
iPadも以前は所有していたが、HPの動作確認程度にしか使っていなかったので
これまたアンドロイドのタブレットを残し、手放してしまった。
どうもmacOSとiOSの使い勝手の違いというか…iPhoneもiPadもあまり
愛着がわかないまま終わった感じか?…
(古〜いiPhone 3GSは車のカーステ代わりとして現役だけど)
PC・タブレットの共通OSとしては、やっぱWin10がよくできていると思う。
もともと仕事柄Winはほとんど使わずに来たが、タブレットとの互換性は
すごいと思う。なんでAppleにあれが出来なかったのだろう?…
(Macとは開発チームが別だったから、だとは思うけど)
それに…  あ(汗)

しまった…。
冒頭でお伝えしたとはいえ、だいぶ趣味な話になってしまった。
さらにしまったことに、夜っぴてこんなのを書いて
エアコンつけっぱなしにしてしまった(汗)。。。
なにが節電かっ… 

20170716g.jpg
う〜〜ん。。。
 
                 …(僕)
posted by 管理人(僕) at 12:59| Comment(0) | 管理人(僕)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: