2017年07月12日

珍客。

引越しをして3ヶ月。
つい先日、期せずして初めての客を招き入れる事に…
というか、勝手に入られたのだけど(汗)。。。

夕飯終わって片付けをとキッチンに立とうとしたその時、嫌な音がした。
ガサガサッ!…とか バサバサッ!!みたいな音。…羽音だ。
音のした壁の方を見やる…… ヤツ、ゴキ◯リだったらマジ嫌だな(汗)。
20170711a.jpg
ぞわわわっ!
食器棚の脇を駆け上がる黒い影。

昼間、洗濯物を干すのに少し網戸開けたせいか?…
まぁ、1階だから気をつけてるつもりではいたのだけど…。

ん?… いや、ヤツにしては動作が遅い。 …ん、よく見ると
20170711b.jpg
あ、あのツノというかハサミ(アゴ?)は…
おお、もうかれこれ数年…いや、ン十年と実物には
お目にかかっていなかったこのお方は!!……。
詳しくはないので分からんが、スマート目な形状から言って
ノコギリクワガタかしらん?……
しかし、せっかくの立派なハサミに何だかゴミくずを引っ掛けている。
見た目がかなり残念だ(笑)。

さて、これがゴキ◯リだったら息の根止めるまで追っかけ回すところだ
(ちなみに仕掛けてあるホイホイ的なトラップには未だ1匹もかかっていない)
…が、クワガタとなれば話は別♡
ここはひとつ、丁重にお出迎え(捕獲)しなければ。。。
(同じ昆虫にこれほどの差を与えるヒトとは何なのか?)

とはいえ、すでに少年の心など無くして久しい“おじさん”の(僕)は
虫取り網やら虫かごなど、持っているはずもなかった。
毎年虫取りに出かけるボンちゃんとはえらい違いだ。

まぁ、だからって、この手の甲虫がさほど苦手というのでもない。
確かに虫は得意ではないが、カブトやカナブンくらいなら…ね。
ただ、今日のお客はおっかないハサミをお持ちでいらっしゃるので
とりあえず、手近にあったタオルでさっと包むように捕まえて、
ハサミのゴミもちゃんと取ってあげて…と、
少々アタフタしながら、半切りにしたペットボトルへ。
20170711c.jpg

20170711d.jpg
だいたい5センチくらい?

しばらく眺めていると、
まるでフラッシュバックのように
あの…遠い夏の日の、強い陽射しが…
むせ返るような青葉とプールの塩素の匂い…
眠っていた記憶が、目の前の景色を書き換え始める。
20170711f.jpg

20170711e

・・・・・・・・・あ。

あぁ、あんな頃もあったなぁ…と、郷愁に耽るつもりが
少年を捨てたおじさんに、さして思い出せる程の思い出もなく、
ぼ〜っと立ってるだけになってしまった(笑)。

確かに、子供の頃は友達と昆虫採集に出かけた記憶くらいはある。
ただ採れるのは、せいぜいカナブンとかコクワくらいが関の山で、
カブトムシなどは“売ってるもの”だという認識の方が強かった(笑)。


…さておき、クワガタの方を…
とりあえず、今夜一晩だけでも死なせないようにしなきゃ。

正直、なんの知識もないが、手元にあるもので代用しようと
小皿に少量の酒(料理酒しかなかった)に砂糖を溶かし、
レンジで1分。加熱すればアルコールは飛ぶかなと思っただけだ。
チンの音とともに取り出すと、それは偶然にも樹液のような
適度な粘りを持った蜜になっていた(色はないけど)。
ひと舐めしてみる。ただ、甘い。
ああ、洋酒かなんかだったらそれらしい色と香りが付いたかも!

それを綿棒に吸わせて、封をしたペットボトルに入れてみたのだが
いまのところ、動きをみせない。やはりダメだったか?
まぁ、よっぽど死期が迫ってなければ数日くらいなんとかなるだろう
とは思うのだけど。

(僕)としては、一晩生き延びてくれれば、あとは
ボンちゃんにお任せして、飼ってもらえたらなぁとか思うのだけど。

・・・・・・・・・あ。

いや、やっぱ逃がそう。
生きるも死ぬも、自然であるべきだ。
(ヒトじゃないんだから)

                  …(僕)
posted by 管理人(僕) at 00:53| Comment(0) | 管理人(僕)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: