2017年05月28日

ネコ…ってゆうか、

20170528a.jpg
じぇじぇじぇ丸。

毎週金曜は雨でもない限り、じぇじぇの出勤日。
普段はチーフが世話をしているが、師匠が呼んだ時しか返事をしない、という 
世の中を知った(誰がボスか分かっている、という意味では忠犬?の)
実にスマートな(賢い)ネコである。
…とはいえ、実はこの写真(↑)は2年ちょい前のもの。
比較のために載せたようなもので、現在は(↓)というと…?
20170528b.jpg
被写体との距離もアングルも違うので、一概には言えないかもだけど、
あのスマートさは何処へ?…(汗) 
まぁ、じぇじぇも生まれて4年過ぎたくらいらしいから、ヒトで言えば
だいたい30歳前後くらい?… 飼いネコだし、仕方ない? 幸せな証か?(笑)。

ネコ。良く寝るから「寝子」なのかと思いきや、それ以外にも色々あるらしい。
ひとつは、「鳴き声」+親しみの「こ」で「ねこ」。
今っぽく言えば「にゃんこ」みたいな感じ?… 

それと「ネコマ」という言葉の略。
ネコは元々、中国から経典などの品をネズミから守るために、8世紀ごろ
一緒に船に乗せられて日本へやってきたことから、ネズミ(ネ)から
守る神(コマ)という説。ネコマには他にも色々解釈はあるようだけど。

そもそも、日本にはそれまでネコは居なかったのかというと、
オオヤマネコの類は居たらしい。もともとネコ科の動物は人になつかない。
そりゃそうか。ライオンやトラにチーターも仲間だものな。
飼いネコ(イエネコ)の原種とされているのはリビアヤマネコ一種だそうで。

それに対して「犬」は縄文時代から家畜として飼われていたというから
「いぬ」という言葉は文字が入って来る前から呼ばれていた音で、古い日本語
なのかなと想像を掻き立てる。昔は寝ることを「イヌ」と言ったそうなので
すでに番犬としての仕事をしていたのかも…とか。

日本猫というと三毛猫を思い浮かべるが、純粋な和種というわけでは
ないようだ。同じように尾っぽが短いのが多いのも、日本に入ってきた
種類の遺伝的な問題だと言えるかと思う。
魚が好きだ、というのは日本人の食習慣に沿ってるからで、彼らは
ほっとけば虫でも何でも食べる(笑)。

日本のイエネコの歴史が奈良時代あたりからと少々浅めではあるが
5千年前の古代エジプト説から、さらにキプロス島で発見された
9500年前の墓から発掘されたネコの骨がリビアヤマネコと同じ系統だったと
判明し、定説が塗り替えられたそう(へぇ、そうだったのか)。

長い時をかけ、シルクロードを伝って日本へやってきたネコ。
じぇじぇだって最初のイエネコ(リビアヤマネコ)の DNAを受け継いでいる。
20170528c.jpg
……ってゆうか、ほぼ「ウシ」ですがな、兄さん。。。

もっとも(僕)も、じぇじぇのコト言えた義理じゃないのだけど(汗)。

                     …(僕)
posted by 管理人(僕) at 19:02| Comment(0) | 管理人(僕)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: