2016年04月24日

久々のみいちゃん

01.jpg
飛行機雲!
見事なくらい直線だな。

先週の水曜、午後4時半くらいだったかな?
事務所へ向かう途中、パシャリ。
実際にはデジカメなので「ピ」くらいの音だけど。
普段からデジカメを(バッグに)ぶら下げて歩くので
スマホのカメラはパシャリ音がうるさいから
あまり使わない。
歩行者にジロって睨まれてもヤダし。。。

この日の午前中、ボンちゃんから連絡があって
夕方みいちゃんでやるから、よかったら来る? と。
…まぁ、2〜3週間前に師匠からもこの日は他に
お客さんも来るから「顔出せよ」とは言われてた
ので、それに合わせるように自分の方の時間は
空けておいたのだけれど。

時間的におそらく師匠はもう移動してるだろうし、事務所に
回ったのではちょっと遅れそうだったので、八千代台を
ナナメにショートカット、直接みいちゃんへ。

久々のみいちゃんとはいえ、実は今年に入ってから
(つまり事務所に在籍していた頃よりは)
ちょいちょい顔出せてるように思う。

みいちゃんは半シャッター。当然だ、水曜は定休日。
覗くと準備中のみいちゃんが「まいど」と指を右に指す。
師匠は隣の(隣接はしてないが)紫陽花にいるよ、と
教えてくれたので、師匠を呼びに出たらちょうど
担当のS氏とバッタリ。他にお二方連れている。
そのお二方は、先日ちょっとした経緯でカットの仕事を
したKADOKAWAの編集さんで、担当の方とその上司。

面子もそろったところで、みいちゃんに移動。
初対面のKADOKAWAのお二方には、乾杯の時にやっと
…元スタッフでHPの管理人です、と挨拶(笑)。
たぶんそれまでの時間、コイツ誰?…とか
思われてたに違いない(汗)。。。
確かに、今回のカットの担当S.Kさん(女性)は
「初めまして」だったのだけど、その上司のO氏は
以前秋田書店にいたこともあり、若いころに
立原あゆみの担当もしていたことがある方で
(僕)も事務所に入って間もないころ、
お会いした記憶があった。
当然O氏に(僕)の記憶などなかったのだけど
(僕)が記憶していたのは別の理由があったワケで
今こうやって書いてて思い出した(笑)。

あの日も夜の飲み会で…
まだ部屋も借りずに事務所に寝泊まりしてた頃だから
ホント、初期のころ。
若き日のO氏も居り、他に偉い編集さんたちも居て
(僕)などの若造は気を使ってなんぼの立場。
…が、その店(スナックだったと思う)を出ていきなり
当時の先輩に駐車場へ引っ張られ・・・
詳細は書かないけど、カツを入れられました。
どうも態度が生意気だったらしく…。
くやしかったのか、翌朝は一番で仕事場に出たっけ…
なんて思い出す。青春ですねぇ(笑)。
そんな出来事のあった日だから忘れようがなかったりして。
…もっとも、おっかない師匠とか先輩って
必要な存在なのだと思う。だからあえて(僕)も自分に
後輩が出来たときは適度に怒ってたっけ。

…もとい、
程なくしてボンちゃんが合流。
で、気付けば目の前に七ツ山の親分と紫陽花のママ。
(ん?… ママさん、お店大丈夫なの?)
みいちゃんの料理も(定休日だというのに)ハンパない。
マサルさん(七ツ山親分)にチェイサー(水)出してない
コトに気付かず、目の前の(僕)は、どぶろくをガンガン
注いでしまっていたので既にベロベロ(ゴメンね、親分)。
師匠とはちょっと席も離れてたので、あまり話も聞けなかったが
楽しそうに盛り上がってる様子。

そんな中、満を持して登場したのがコイツ。
02.jpg
ドドンッ!!
…て感じ(汗)。 お肉の厚さも驚愕ですが、
その向こうに見えるのはバゲットでもなけりゃ、
ましてや車麩なワケがない、…ってことは
フォ…フォアグラ!?(汗)
ちなみに立原あゆみ持ち込みプロデュース。
(裏メニューですらありませんので、ご注意を)
ここで急遽撮影会開催。
みんなこぞってスマホを取り出し記念撮影。
そのみんなが撮ってる画の写真を撮ったのだけど
残念ながらピントが甘く、うまく撮れなかった。
…ってか、それ以前に許可なく勝手に載せるのは
ルール違反でしょ。
(顔出しOKなのは、みいちゃんご夫妻くらいで…。笑)

03.jpg
肉やフォアグラは言わずもがなだけど、
添えてあるニンジンのグラッセが実に美味かった。
みいちゃん、やるねぇ。

あ、
いつの間にか、ナマちゃんがカウンターの中で
麺を茹でてる…。
てなワケで、最後のトドメは大勝軒。

師匠もいつもよりゆっくり目で
みいちゃんを出たのは8時半くらいだったかな。
KADOKAWAのお二方もそのタイミングでお帰りになり
(僕)もそろそろ…なんて思ったら師匠を見送ったS氏が
引き返して席に座る。
・・・?
「今日は原稿持ってないんで」と少々嬉しそう?… 
いつもは原稿持って帰らなきゃいけないので
飲んでもゆっくりも出来ないし、気も抜けない。
こんな時くらいちょっとゆっくり・・・である。
…といっても、+小1時間程度。
S氏を駅で見送って9時半。

まだそんな時間か。
じゃ(僕)も、もうちょっとだけ寄り道を…。

                …(僕)   
posted by 管理人(僕) at 11:41| Comment(0) | 管理人(僕)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: