2018年05月20日

久しぶりにWindowsにイライラさせられた(笑)。

そもそもはMac使いの(僕)。
あのリンゴマークが6色の頃から、かれこれもう20年以上になる。
(日本人は7色と思ってるが、 虹の色の数は国や地域で違うらしい。)
20180520a0.png

きっかけは、チーフが“もう使わないから”と安く譲ってくれた
シャープの「書院」というワープロだった。液晶もカラーで、当時としては
かなりハイスペックな機種だった(ハイスペック好きのチーフが買ったので)。
しばらくいじって、タイピングがある程度出来るようになったら
俄然、パソコンとかいうヤツに興味が出てきた(笑)。

当時、チーフがWindows(95の頃だったか?)ユーザーで、ほかの先輩では
吉田窓がかなりMacにご執心で、勧められたように記憶している。
それもあって、あのふざけたようなリンゴマークが気になってきて… 
当時はまだ八千代台にも支店があったラオックスでエントリー(入門向け)モデルの
Mac Performa(パフォーマ)の最終モデルが展示されていて、モニタとセットで
(確か、ざっと)30万。 さ…さんじゅ…うぅ(汗)。。。 

そこからしばらく、ご多分に漏れず? 怒涛の如く“どハマり”していく。
今にして思えば、ずいぶん(¥)使っちゃったなぁ…ではあるけど、ま…
それはタラレバだし(汗)。

仕事柄、基本的にPhotoshopとか画像処理系しかしてこなかったので
Macを選んで正解だったし、最初にWindowsを選んでいたら
(申し訳ないが)早々に挫折していたかもしれない。

必要性というほどでもないが、事務所のコピー機のネットワーク環境が
Macに対応しておらず、コピー機にMac対応のEthernetカードを増設
すると、結構な金額になるとかって話から、お試しで中古のWindowsを
買ってみた。確かOSはXPになった頃だったかな? …しばらくして、
使い勝手からMacにWindowsを入れる方向に落ち着いた。
エミュレーターというやつ。当時「Soft Windows」とかってソフトだったか。
その後「Fusion」を経て、現在は「Parallels Desktop」。2011年モデルの
古いiMacでの使用だが、起動ディスクは外付けSSDだし、メモリ24GB
・CPUはCore₋i7。ストレスのスの字もない。コピー機も古いので、
WindowsもOSは「7」で使っているが、エミュレーターとは思えないくらい
起動も処理も早い(笑)。

バージョンアップ後も、まだWindowsには面白みがないのは変わらずで
これを一気に挽回したのは、バージョン「8」になってから。正直これには
“やられた”と思った。デザイン・操作性を一新し、まるで別物。
これまでのWinユーザーを切り捨てるようなGUIは、タブレットやスマホも
同じプラットホームにしてしまった。

この時ほどAppleを残念に思った事はない(大きなお世話だが)。
iPad・iPhoneを先行して世に出したのは良いが、これまでのmacOSとは相容れない
iOSに(僕)個人的には魅力を感じず、買ったものの大して使いもしないうちに
結局手放してしまった。今となってはタブレットもスマホもAndroid(笑)。

それと、win10の2in1のタブレットPCがあるのだけど、ちなみに
これが、タイトルにある“久しぶりにイライラした”Windows。

1年半くらい前のモデルだが、Winタブレットにキーボードがついてる
ような感じで、スペック的にもCPUはAtom 1.44GHz(でも確かクアッドコア)
メモリ2GB、HDD(eMMC)はなんと32GB!
…さ…32GBって、USBメモリじゃないんだぜ?(汗)

ま、そういった意味では、純然たるタブレットのスペック。なのにOSは
Windows10の64bit版。基本的にHPの表示チェックくらいのつもりで
買ったので、あまり使ってなかったのだけど、気が付いたら更新プログ
ラムすらまともにインストール出来ないくらい容量がなくなってしまって
インストール失敗&フリーズの連続。しまいにゃ、ぶん投げたろか!
…ってくらい、イライラ(笑)。

何度目かの失敗の挙句、以下のようなエラーが…
20180520a.jpg

20180520b.jpg

キーボード繋げてるのに画面の縦横も切り替えできなくなってるし…。
20180520c.jpg
エラーコードを調べると、どうやら初期化はやむを得ない状態らしいというのは
わかったが、BIOS画面での操作も(慣れてないのもあるが)ネットの指南通りには
いかず、何度やっても青い画面「回復」に戻ってしまう。

初期化すらできない! これじゃハードオフ持ってっても査定に響く(汗)。

最近のPCは(Macもだけど)OSのインストールディスクというのがない。
HDD内にリカバリ領域というのがあって、初期化するときとかはその
リカバリ領域から立ち上げてメンテやインストール等が出来るように
なっている。…が、そのリカバリ領域すら起動できないではお手上げ。

別のPCでMicrosoftのサイトからリカバリーディスク作成用のOSを
ダウンロードするも、なぜかうまくDVDに焼けず、ダメもとでMacから
同じ作業でリカバリーディスクを作る。なぜか成功…ってか、理屈的には
isoファイルのディスクを作るだけなので、何のOSからでも問題ない。
それを使ってBIOS画面で起動ディスクを指定。→起動…… 成功!

20180520d.jpg
やっとのことでリカバリー開始(この画面も横向いてるのを直してます)。

もっとも、データらしいものなんて入ってなかったので、無事直れば
ウィルスセキュリティを入れ直すくらい。
けっこうな時間がかかる。4GBくらいのOSデータをUSB2.0接続の
ドライブでインストールしてるのだから無理もない。

20180520e.jpg
acer(メーカー)のロゴ。
リカバリーが終わり、再起動。いや、ちゃんと直ると思ってたよ!

20180520f.jpg
…あれ? 文字がまだ直ってない?…(汗)

無事、初期化されたのは良いのだけど、…ちゃんと治ってない?
画面も縦のまま切り替わらず、縦横ちぐはぐなまま、なんとか
ポインタ(矢印)を操作してディスプレイの設定画面へ行き、縦横を
直すも、液晶のタッチも効かず、超低スペックなノートPCに変わり果て…(汗)。
…いやいや、これじゃ困る。ここまで来て他に手はないのか?…
ダウンロードして作ったディスクは、このPC専用のリカバリデータではないので、
最小限の構成しかインストールされなかったのか?…

いかんせん、この2in1PC、ネットは基本ワイヤレスなのでLANケーブル
を使えないので、Wi-Fiの設定が済んでない状態ではダイレクトに
アップデートすることも出来ない…ってか、Wi-Fi用のプログラムさえ
インストールされてないようだった。USB経由のLANアダプタがあったの
を思い出し、引き出しを探す。それでなんとか更新プログラムを
インストール出来た。その後、何度目かの再起動で、やっと元の状態に戻った。
あぁ…なんだかんだ、丸2日は費やしたかも…。

いわゆる工場出荷時状態に戻ったので、とりあえず使わないアプリや
なんかをアンインストール。なんとか3分の1程のCドライブの空きを確保。
これを保持しつつ、今後増えるであろうインストールデータや
ファイルの保管は64GBのmicroSDカードを差しっぱなしにして
割り当てておく。これでしばらくは大丈夫?…

それと、もうちょっと使ってやらなきゃ、ってコトで
今回、これはコイツを使って書いてます(笑)。
データはクラウドのOneDriveで共有するので写真加工とか重い仕事は
Macとかでやればいいし。

20180520g.jpg

文章打つの、けっこうイイ感じ。持ち運ぶには、ちょっとだけ重い。
タブレット本体とバランスを保つためにキーボード側に重りが入ってる感じ?…
切り離してタブレットとして使う分には、こんなものかな?って重さ。
メモリ2GBの割には、ちょっとした動画見るくらいなら何の問題もない。
IPSなので液晶の映りもキレイだし(スピーカーはアレだけど…)。

いかにもサブマシン的な、安いPCなので割り切って使えば
それなりに使えるかな。実家顔出すときとか、わざわざMacBookAir
持ち出さなくても、コイツで十分。

今までかまってやらなくてごめんよ。
きっと拗ねたのだろうな(笑)。
                     …(僕)
  

posted by 管理人(僕) at 07:51| Comment(0) | 管理人(僕)