2018年02月05日

12年ぶりの…

20180204a.jpg
写真は1月後半のある朝、花見川。
川面に立ち込める霧…。

この川を渡るようになって、あとひと月ほどで1年になるが
たぶん初めての光景。まぁ理屈からいえば、この朝の気温が川の水温を
下回ったため…、だろうと想像はつく。だから(写真には写ってないけど)
水鳥たちは平気な顔して水面に浮いていられる?…。

この現象、川では川霧(かわぎり)海では海霧(うみぎり・かいむ)、
気象用語では蒸気霧(じょうきぎり)と言うのだそう。 ん?… 

なんていうか、も少し情緒のある日本語があっても良さそうなものだけど?… 
と思い更にググると「けあらし」という言葉が出てきた。ほらやっぱり。

どんな漢字なのか気になったのだけど、
MacのIM(日本語入力)では変換してくれなかったので、更に探すと……
20180204b.jpg
「気嵐」と書くのだそう。どういう意味だ?… 

漢字の構成を考えれば、嵐の前兆・前ぶれ…とかって感じ? 
ネットで北海道留萌地方の方言という説明を見つけたが、そうなると
アイヌ語の当て字かしらん?… ちなみに留萌(るもい)という地名は
アイヌ語の「ルルモッペ(:潮の静かに入る川)」から来ているのだそう。
うむ、寒い北海道、川面に立ち込める霧…。イメージし易い。

ま… 妄想はこのくらいにしておいて… 
とにかく、冷え込んだ朝に見られる現象のようで…。

この数日後の月曜、この辺りも、あの大雪に見舞われる。



さて、日は変わって2月3日、あと30分ほどで0時になろうかって頃。
20180204c.jpg
(コンデジのオートで。ちゃんと夜景モードで撮れば良かったか?…)

土曜の夜中、残業ってワケでも飲み歩いてたってワケでもない。
自宅からクルマ飛ばして(…いや安全運転で)、事務所の駐車場についた。
年男の(僕)には、やる事があった。

チーフからのメール通り、準備とメモが(僕)の机に。
20180204f.jpg
一陽来復の御守。

説明書を読むと、冬至・大晦日・節分のどれかの日の
夜中12時に、その年の恵方に向けてこの御守を貼る、とあり、
立原はこれを毎年の節分の行事として長年続けている。
節分の豆撒きも兼ねているので、その年の年男がやることになっている。
…とはいえ、スタッフが多かったときから、毎年年男が居たワケでもないので
居ない年は一番下の仕事になる。
なので若い頃は干支に関係なく(僕)も何度かやったが、あの頃は師匠をはじめ、
みんなして夜遅くまで飲んだりしてたので、12時の用事を済ませる、なんてのは
なんて事ないものだったっけ。帰る前に事務所寄る…なんならそのあとまだ2時間
飲める♪…みたいな。

ま、ちゃんと年男の年にやるのは、これで3度目…。

20180204e.jpg
時計を見る。12時までに豆撒きを済ませておこう。

「鬼は外!」はホントは大声でやらなきゃいけない。
…が、しかしこの時間だ。近所迷惑にならないように(笑)鬼を追い払う。
もっとも豆撒きは、平日なら例年通り夕方とか誰かいる時間帯に済ませるのだけど。

20180204i.jpg
去年は南西方向あたり… これはあとで剥がすとして…。

iPhoneの頃は、アプリに「コンパス」があったのだが、今使ってるスマホは
ジャイロセンサー自体が付いてないので(…って、別にさほど不便でもないけど)
方位磁石を部屋の中心に置き、貼る位置を確かめる。

今年は巳午(南南東)の方へ御守を向けて貼るので、貼る位置は
部屋の中心を軸に、その反対側の北北西の壁になる。

20180204h.jpg
というワケで今年は、キッチンの左側の壁がそれにあたる。
建物が古いので仕方ないが、あまりキレイじゃない…ので御守の周囲が入らないよう
撮ったら、ほぼどこなのか分からない絵になってしまった…(汗)。
(しかも左右をちょっと白く飛ばしている…)
ま、去年の位置のちょうど真向かい辺りかな。

落ちないようにヤマト糊を多めに盛って貼り付けたからな、大丈夫だろう。
時間は…よし。任務完了。。。

事務所を出、駐車場へ向かう。
土曜の夜とは思えないほど、通りに人が居ない。
さっきの昔話ではないが、夜中12時回った程度の通りはまだまだ活気があった。
もっとも、今となっては飲み屋さん自体なくなってしまって、事務所の前も
シャッター通りと化して長い。そう思うとやはり少々寂しい。
行きつけだったスナックが昼カラになってたり、あるいはビルごと廃ビルになってたり…。
そりゃそうか。騒がしかった頃は、もう20〜25年も前の話だもんな。。。

成長できなくても年は取るか(笑)。
最近 なんかもう、抗う気持ち消えたかなぁ… なんて。

                      …(僕)
posted by 管理人(僕) at 00:28| Comment(0) | 管理人(僕)