2017年12月31日

おおみそか。

大晦日。
例年通りなら、毎年この日は夕方から師匠のお家で
紅白観ながらみんなで年越しをさせていただくのだけど、
今年は独り、このようにブログの更新などを。。。

今日になって、なんとかベッドからでて、こうしているが
この数日、めっきり体調を崩していた。
昨日などは、みいちゃんの忘年会だったのだけど
どうにも熱が下がらなかったので、遠慮させていただく始末…。

まして師匠のお家には息子さん一家も来てるはずだから、症状が
軽くなったとはいえ、子供達に風邪うつしてしまったら申し訳が…。
ボンちゃんに電話でそんな話をしてたら、電話の向こうで師匠が
「インフルエンザじゃないよな?」と。
インフルエンザ…じゃないですよ(汗)ホント、ただの風邪。。。
(インフルエンザなんてなったことないし…)市販の風邪薬で
効いてきてるし。。

水曜くらいから、悪くなってたのかな?…
朝、事務所入って「おはようっす」。この日最初の発声だったのだけど
その声に、自分でもびっくりした(笑)。
確かに朝起きて、乾燥してる感じで喉がガラガラしてるなとは思って
たのだけど、あそこまで枯れてるとは思ってなかった。
ボンちゃん「何?大丈夫か?」
チーフ「帰った方がいいんじゃない?」
と、それぞれ挨拶に反応はしてくれた(笑)。
水曜は師匠と飲むことが多いので、歩いて来たのだけど
道中、大掃除の時に買って余ったマスクを着けてたので
喉はある程度乾燥から保護できてると思ってたし、そもそも
マスクなど鬱陶しくて嫌いなのだけど。。。

体調よくなけりゃ、酒など飲むどころではないのだけど、できれば
師匠にはあまり知られたくはない。
夕方、師匠が出たあと、呼び出しの電話が。
その間際までガラガラの声で話していた(僕)は内心マズイなと
思いながらも受話器を取った。師匠だと分かっていても
「はい、立原プロです!」と一声。
…ところが、その一声のクリアだったこと(笑)。
自分でも拍子抜けしてしまった。。。
「おう、どうすんだ、飲むのか?」と聞かれ、断るわけにはいかないので
「すぐ行きます」と。

まぁ、微熱が続いてる感じだったので、アルコール入ってちょっと
体がぽ〜っとしてるのと大した違いはない。酒は百薬の長というし、
適度に飲めば結果イイかもしれないし。。。

その日のお店は、近所なのだけど、先代の親父さんが亡くなってから
師匠もしばらく来てなかったらしい、昔の行きつけだった飲み屋さん。

早い時間(5時くらいだったかな?)、現在のマスターがひとり、
8時予約の座敷席の団体客の用意をしていた。

師匠と二人、カウンター。
話す言葉も多くはないけど、こんなのもたまにはうれしい。
師匠もマスターと先代の話が出来て嬉しそうだった。
…もっとも、初対面だったので向こうは立原を知らないだろうと
思っていたのだけど、「先生のお話はよく聞いてました」とマスター。

ここで軽く飲んだら、紫陽花に行こうかとも話をしていたが
師匠もいいお酒だったのか、満足したようでちょっと早いけど
この店だけで帰ることに。…時間は、19時前くらい。
ボンちゃんにクルマで来てもらい師匠の家まで。

(僕)も駅前で降ろしてもらって歩いて帰宅。
この時、けっこう寒かったように思うが、しっかり酔っていたので
フラフラのんびり… これがいけなかったか?(汗)

翌日、すでに体感で微熱を超えていることは自覚できていた。
体温計を脇に挟む。しっかり体温を測るには、ピピピッと鳴ったあと
さらに5分以上検温を続けるといいのだそう。
38.3℃… 久々の熱だな。。。
かといって、ボ〜ッとする程度で起き上がれないワケではない。
木曜は(有馬のあとの)最後の競馬に行くとかって。
(僕)は留守番で仕事をチョイスしたのだけど、留守番で正解。
この日は(僕)が夕方に師匠をクルマで迎えに行く番。
車の中での会話中、急に(僕)の声がガラガラになってしまったので
悟られぬよう、相槌の回数を増やしたりして(汗)。。。

…で、金曜を終えたあたりでちょっとヤバいかと思ってはいた。
久しぶりに食欲が低下した(笑)。薬飲まなきゃと思って何か口にするも
途中で、あ…もう食えん…と、なってしまう。食事を途中で終わらせる
なんて、未だかつてあっただろうか?… ちょっとびっくり。。。

そんなワケで、せっかくのみいちゃんの忘年会も、師匠のお家での
年越しも遠慮して…やっと今、だいぶ楽になって来た。。。
若干の微熱は感じるが、これはもうフェイドアウトしていくだろう。
なんか、やっとお腹も空いてきたし♪

来年は身体もちゃんと見直さなければ。
体力あっての気力だと思うし。

それでは
皆さんもどうぞご自愛を。。。

…そして良いお年を。

                  …(僕)
posted by 管理人(僕) at 17:56| Comment(0) | 管理人(僕)