2016年07月12日

なっ…なんか書かなきゃ…(汗)

01.jpg
暑い日が続きますね。
今年はまだ梅雨明けてないんですよね?…

…なんて、
1ヶ月もサボっておいて天気の話…誠に申し訳ない(汗)。

なんだか鼻の調子がイマイチのまま長引いて、
つい先週の水曜(みいちゃん飲み)に顔を出すまでしばらく
空いてしまったのでした。。。
まぁ、みいちゃんではいつも通り、楽しく飲んだ(笑)ので
特筆すべきネタもなく?…(汗)
変わらず元気な師匠の顔を見て安心、という感じ♪

そんなこんな(←何もない時に使う表現ではないな…)で、
ブログをサボってしまっていたら、この数日にかけてHP宛に
お便りを立て続けにいただきました。
もちろん、時折ファンレターやお便りは頂くのですが、続けて
いただくと、「管理人、なにやってんの?」と、
なんだかサボってたのを指摘されたようで(汗)。。。
と、いうワケで…

なっ…なんか書かなきゃっ…(汗)

…なんて考えると、いつもアタマをよぎるのが、
行きつけのスナックのお姉さん、Y嬢の言葉。
「世の中の人たちは一体何をそんなに言いたいんだろうか?」
要約するとこのようなことをのたまっておられたのだが(笑)。
SNSやブログで自分発信している人たちのコトを言ってるのだ。
まぁ、IT手遅れ世代を自負しているらしいY嬢ならではの一言だけど
(僕)もオジさんなので、そう思う(笑)。
今となってはフツーのコトなんだろう、とはアタマの隅で
理解しているつもりでも、(僕)にしたってこの立原あゆみWebを
やることがなければ、確実にスルーしていた(笑)。
実際、(僕)個人ではSNSもブログもやっていないし…。
必要性はもしかしたら今後はあるのかもしれない。
(フツーのコトなのだから?)

思うに、SNS等がこれだけ世の中に浸透したのは
楽しい、面白い、というのとは別にもうひとつあると思う。
(もちろん個人的見解ですが)これはフォント・活字だからでは
ないかと邪推(笑)している。
ネット環境がどれだけ便利でも、メールやメッセージのやり取りの
手段が手書き文字だったら、広まらなかったのではないかと思う。
利便性の話ではなく、活字として伝わる力、みたいなもの?…
(それは「勘違い」でしかないハズなのだけど)
おそらく、手書きの手紙は身内や親しい間柄ではありがたいものだが、
不特定多数の知らない人には(今となっては)手書き文章の
アドバンテージは低いように思う。

まして、有名人や著名な作家と並んで自分の言葉が
同じフォントで並ぶのだから、書く方も勘違いしてしまいかねない。
いやいや、それは楽しいのだろうな(笑)。
フォローしてくれたり賛同を得たりしたら、やめられないのかも。
誰だって、自分という存在を認めてほしい…そんなところ?…
(知らない人に認めてもらう意味は、ないとは思うが。)


初っ端から想定してない話をしてしまった(笑)。
…去年の今頃は何してたっけ?…みたいな話を書こうかなとか
思って、去年のブログとか見たりしてたんだけど…あれ? 

もう、何を書こうか?…とかいうレベルではないな(汗)。。。
「(読んだ)時間を返せ!」とお叱りの声が聞こえてきそう…。

ふう。。。
02.jpg
空っぽのアタマでベランダに出る。

ん…?
なんか見える…と思ってズーム。
03.jpg
ヒコーキ…?
2014年の暮れに、量販店の店員さんのオススメを無視して買った、
安い(確か1万切ってた)コンデジの16倍ズーム(最大)。
写真そのものも、ちょっと拡大して切り抜いてはいるが
これだけ写ってたら、結構な性能なんじゃない?…

ま、安いってのと、その時並んでた中で一番軽かったのが
買った理由なのだけど(お散歩カメラね)。Canon IXY120 
04.jpg

また散策に出かけるかな。
(サボらずに!)
(すいませ〜ん。。。)
                    …(僕)
posted by 管理人(僕) at 21:11| Comment(0) | 管理人(僕)