2017年11月21日

最初に触った原稿。

20日「仁義 零」の最終14巻が発売になりました。
長いあいだ応援くださった読者の方々、ありがとうございます。

20171120a.jpg

ヤングチャンピオン創刊号から29年。
(途中「本気!サンダーナ」や、他のタイトル作品と掲載を交代したりも
ありましたが、シリーズ全作並べると67巻(「仁義II」というスピンオフ含む)。
「本気!」本編で50巻なので、いやはや、すごい量ですね(汗)。。。

創刊から…なので「仁義」は(当然「本気!」もだけど…)
1990年に(僕)が事務所に入る前からの大先輩なワケで。。。

しかも(僕)が師匠の仕事を本格的にさせてもらえるようになるまでは 
2年ほどあった(その2年は兄弟子、吉田窓と白銀章の下だった)のだけど、
仁義に関しては「一番最初にやった仕事」というのを鮮明に
覚えている。それも、思い出すたび背中を嫌な汗が流れるような(笑)。。。

あれは面接後の「初日」で、まだ自分の机もあるわけもなく
テーブルセットのソファに(立ってると鬱陶しいので…笑)座らされ、
「先輩たちの仕事をよく見るように!」という感じだった。

(僕)が入った当時は、たぶん一番スタッフの人数多かったと思う。
師匠 立原あゆみの直下にチーフがいて、その下に7−8人、別室には
兄弟子たち2人についてるアシスタントが3〜4人。(僕)が入って
1ヶ月くらいで辞めた人もいたので、正確な人数は…え〜っと…って
感じなのだけど、絶えず15人くらいが(静かなのだけど)忙しくしていた。

で、ソファで“借りてきたネコ”になっていた(僕)に師匠が
「なんかやってみっか?」とソファの方を覗き込むように声をかけてくれた。
先輩の誰かが(←ここは覚えていない…)進行中の原稿1枚と
見慣れないスクリーントーンを渡してくれた。
「このクルマにこのトーン貼って」と。
親切に青エンピツでうっすらと貼る位置を指定してくれていた(と記憶してる)。

20171120b.jpg
(「仁義」コミックス7巻 60話 128ページより)

この、1コマ目のクルマの黒焦げの処理なのだけど、自分でもトーンは
使ってたので、なんら問題ないと思っていた(なんなら得意なくらい?)。
まぁ、いくら緊張してたとしてもクルマのアウトラインに沿って貼るだけ。
削りもしないのだから、普通なら1分かからない。

…はず、だったのだけど(笑)…

この時はソファに低いテーブルと、見たことないスクリーントーンの扱いに
苦戦して、思いの外時間がかかってしまった。この“見たことないスクリーントーン”
ってのは、コピートーンとかコピーフィルムとか言われるヤツで、文字どおり
オリジナルのスクリーントーンをコピー機で印刷できるというフィルムシートで
市販のスクリーントーンと比べて、粘着力がすごく強い。セロテープ並み。
(確か、レトラセット製だったような?…今もあるのかな…)
しかも、濃い目のカケアミをコピーしてあったので、下の絵の線が見えない(汗)。
こんなのを手にしたのは初めてで、ちょっとしたズレを直そうものなら
原稿の表面(絵)も一緒に剥がしそうになって…!!(汗)
その瞬間、全身の至る所から汗が噴き出す(笑)。ひとり密かにアタフタ
してると、師匠が上から覗く。「なんだ、遅いな」
そりゃもう、ひえぇぇ… である。

その数年後、本格的に立原あゆみの下で、(僕)の仕事は
トーン処理をメインでずっとやっていくコトになるのだから、面白い。

…てか、もともと素養はあったのですよ、あの時はテンパっただけで…(汗)

                      …(僕)
posted by 管理人(僕) at 20:42| Comment(0) | 管理人(僕)

2017年11月05日

彩日。

11月3日。その日はクルマで出ようと思っていたのだけど
玄関を開けた瞬間、気が変わった。

クルマのキーとカーステ代わりの旧iPhoneを部屋に戻して
再度、玄関を開ける。秋らしい空気の冷たさの間を縫って
届く陽射しが暖かい。確かに天気予報では、日中は10月中旬並みの
気温になるって言ってたっけ。歩かなきゃ、もったいない。
着古した皮のジャケットも今は少々肌寒いけど、10分もすれば
汗ばんでくるだろうな。

20171105a.jpg
天高く(僕)肥ゆる秋…
確かにジーンズがキツくなったのは否めないが(汗)…いや、
そうではなくて、いつもより「空が高い」と感じたのだけど
写真ではどうも伝わりづらい?…

さらにいつもより空気が澄んでるように感じた。
台風一過か正月の東京くらい?… なんというか、映る景色の
彩度がいつもより20%増し(くらい?)で目に飛び込んできた。
まるでPhotoshopで彩度を上げたかのようだ。
20171105b.jpg

20171105c.jpg
そのせいか、いつもより余計にカメラを構えては、あっちへウロウロ
こっちへウロウロ…。もちろん散歩中などではなく、事務所へ行く途中…
つまり出勤途中なのだけど(笑)。

当然のように猫も出てくる。
20171105d.jpg
鋭い目つきで睨まれて…るワケではなくて、周囲が明るいと
猫の目は細くなる(ちょっとコワい)。見ての通り、野良とはいえ
この辺の猫たちは、親切な(…てか無責任な?)エサをくれる人たちの
おかげで立派な体型。人に慣れてるというか、なんなら猫の方から寄ってくる始末。

20171105e.jpg
いつもの景色も、もう少ししたら紅葉っぽくなるかな?

20171105f.jpg
春は菜の花、夏の終わりには秋桜が風景に色を添えていたが、今は
ご覧の通り。 …ん? これは、もしや?
20171105g.jpg
菜の花の芽… かしらん?

川沿いの公園を離れてすぐ、少々しんどい坂が(笑)。
20171105h.jpg
ただ、この木陰は夏の暑い時期でもすごく涼しい。
20171105i.jpg
どういう経緯でこうなったのか分からないのだけど、通るたび
生命力の圧を感じる(笑)。なんかすげぇな、と。

ムダにカメラをぶら下げてると、稀に珍しいモノゴトに遭遇する。
「あ!」と思った瞬間、手にカメラを持ってるのと、ポケットや
カバンからカメラ(スマホ)を取り出すのとでは、大きな差がある。
20171105j.jpg

20171105k.jpg
分かりにくいかもだけど、スズメが水たまりで水浴びをしている。
(僕)が見てるのに気づいたのか、5秒もしないうちに水たまりから
いなくなっちゃったけど。。。
水浴びしたくなるほど暑かったとは思えないけど…何だったのだろう??…
あ…どうせなら、動画で撮っておけばよかったなぁ(今更だけど)。


余談(撮りたくないモノもある)。
今日(日曜)になって、ようやく冬用の掛け布団を出した。
洗濯日和だし、ザッと部屋も片付けて掃除機かけて… で、キッチンの隅に、
ゴキ◯リホイホイを2つほど、念のため置いてあるのだけど、
半年放っといたので一応(イヤだけど)覗いてみる。。。
1つは何もかかっておらず、もう一つもゴキはいなかったのだけど、
びっくりして声を出しそうになった(笑)。
…というのも、体長6〜7センチくらいのムカデが!(汗)。
写真撮ろうかと思ったけど、これはさすがに不快な気持ちになるかと
思って載せるのは(もちろん撮るのも)やめた。
とっくに死んでるようだが、マジマジと見るのも気持ち悪い…
寝室じゃなくて良かった。。。
1階住まいって、そーゆーことあるんだなぁ(汗)。


さらに関係ない個人的な話。来週はこたつが届く♪
今の部屋に引っ越す前までは、ずっとテーブル&イスの生活をしていて
暖房もファンヒーターだったのだけど、そろそろアラフィフのおじさんなので
引越しを機にイス生活をやめ、床に座る方を選んだ。
実に20ン年ぶりのこたつ… みかんでも買っとくかな(笑)。

                     …(僕)
posted by 管理人(僕) at 20:35| Comment(0) | 管理人(僕)

2017年10月18日

愚息…じゃなくて、

気づいたら、1ヶ月も空いてしまった…。すいません。
Macの前に座ってる時間は長いんだけどなぁ(ブツブツ…)。

めっきり秋らしくなった、乾いた空を見上げる。
横切る送電線でさえ、構図に取り入れようとする(悪い)癖がでる。
20171018a.jpg
いつもスズメと見間違える、これは何?…
20171018b.jpg
…しまった、スズメにしか見えなくなってきた。。。(汗)

そんな締まりのないアホな思考の中、どういうワケか
『雑』という文字がここ数日、頭の中を駆けずり回っている。
それこそ雑念というヤツだろうけど(笑)。

雑念というより、雑然としている…感じか。
『雑然:いろいろなものがゴタゴタと入り混じって、まとまりがない様子』
あ…なんだ、ここ数日じゃなくて、生まれてからずっとじゃないか(笑)。
そりゃブログも空くわな(すいません…)。


そんなこんなで、また撮りためた(たまってしまった)写真の整理。
デジカメはSDカードをリーダーに差し込んでMacに読み込むのだけど
スマホの方は、勝手にクラウド(MicrosoftのOneDrive)にアップされる。
…勝手に、というか、そう設定したのだけど。。。
なので便利なのだけど、写真のクオリティがイマイチ。
スマホの画面で見る分には非常にキレイなのだけど、データを移して
パソコンで見ると、ちょっと彩度が低く暗い絵になってしまう。
スマホのディスプレイの発色設定のせいだろうとは思う。
どっちみち、Photoshop使うからどーでもいいのだけど。

さてさて、何か使える写真はあるかな…
と、その時の情景を思い出す写真が。 日付は1週間前。


昼食を終えて、一服する間も無く師匠に言われて
事務所の2部屋(201と205)を小走りに行き来する(僕)。
「冷蔵庫、どっちも入ってませんよ?…(汗)」

「サンタ! エビどこやった!」
師匠が少々怒鳴り気味でチーフを問い詰める。
「え?…あ いや、ちょっと…」
チーフはイマイチ質問の意味がわかっていない様子。
「さっき受け取ったろ」
午前中、師匠とボンちゃんが食材の買い物から帰ってきて、荷物を
受け取ったのがチーフだったのだが、何を買ってきたのかチェックせずに
いたらしい。よくよく、他の野菜なんかと一緒にエコバッグの中にいるのを発見。
15〜20センチくらいありそうな赤エビたちが行儀よく並んで救助を待っていた。
無事保護!

3パックで十数尾、ボールに移してざっと水洗い。
最初は調理の仕方を(僕)に説明していた師匠だったが、話してて火がついた様で
「やっぱ自分でやる」と、手鍋に水を切ったエビをザザッと入れ、コンロに載せる。
「具足煮っちゅうんだよ」
「グソク …すか?」
この時点ではグソクの字が「愚息」以外に思い浮かばず、違うよなぁ…とか
思いながら、素早く動く師匠の手を見ていた。
それはもう、ホンの数秒といっても過言ではない。
擬音で説明すると、ザッ ドボボ! ジャバ! サッ ボッ!…
目分量で醤油・みりん・酒・砂糖、最後のボッ!…は点火である。
「じゃ、あとは火を見てくれ」とキッチンを離れる師匠。
いつもながら師匠の料理は大胆で雑だ(笑)が、たいてい正解が出る。

途中(僕)がしたのは、つゆが少なかったので落し蓋くらい。
いい感じのところで火から上げる。

20171018c.jpg

頭の取れてしまったエビで味見をする師匠。
「ン、やっぱ天才だな」とご満悦。
この日は水曜だったので、つまみを自分で用意して、みいちゃんで飲む。
みいちゃんで(僕)もいただいたが、濃い味で美味かった。。。

ちなみに「具足」とは甲冑の意味で、エビなどを殻つきのまま煮るのを
「具足煮」と言うんだそう。 


その2日後。
「今日はイカ焼いといてくれ」と師匠。
立派なスルメイカ2尾。ワタ抜いたりとか…したことないなぁ(汗)。
細かく聞こうと思ったが「適当でいいよ」と。
まぁ、最終的に馴染みのあるイカ焼きになれば良し、ということで。

スマホ片手にキッチンへ。
Googleのマイクアイコンをタップ、CMでお馴染みの音声入力。
でも「おしゃれなカフェ」…とかではなく「イカのさばき方」(笑)
なんだかんだ、クックパッドのお世話になっている。。。

おかげでワタはキレイに取れたが、冷凍物だろうからと捨て
(新鮮なら塩辛やってみたかったけど)クチバシと目の辺りを取り
ゲソの方からコンロのグリルへ。

身(アタマ?)の方は、反らないように数カ所切れ目を入れて…。

まぁ、最初はエビの話だけにしとこうかと思ったのだけど、
現れたイカ君があまりに拍子抜けだったのでパチリ。

20171018d.jpg

「雑然の君よ、和んだか?」と言わんばかりである。

                  …(僕)
posted by 管理人(僕) at 19:21| Comment(0) | 管理人(僕)